みんなで解消トリプルリスク! | トリプルリスクを考える会とは
みんなで解消!トリプルリスク!

トリプルリスクを考える会とは

活動主旨

生活習慣病のリスクファクター「高血圧・高血糖・高血中脂質」。
気になるものだけをケアしている人は多いですが、意外に知られていないのがトリプルリスクの可能性。
「高血圧・高血糖・高血中脂質」のいずれかの異常は、残り2つの異常を誘発するトリプルリスクの可能性があるのです。

当サイトでは、「トリプルリスクを考える会」監修のもと、健康的な生活習慣づくりに役立つ情報として、トリプルリスクの正しい知識と対処法を紹介してゆきます。

生活習慣病のリスクファクター「高血圧・高血糖・高血中脂質」 生活習慣病のリスクファクター「高血圧・高血糖・高血中脂質」

参画メンバー

岡部 正先生

岡部 正 先生

岡部クリニック院長(日本病態栄養学会評議員、日本糖尿病学会認定専門医・指導医、日本肥満学会会員)

1953年東京生まれ。1978年慶應義塾大学医学部卒業。カナダ、カルガリー大学留学。医学博士。亀田総合病院副院長を経て、1996年東京・銀座に岡部クリニックを設立。
1996年「脂肪体重を減らすヤセ方が正しい」(青春出版社)、1997年「かくれ肥満に目覚めよ」(青春出版社)を上梓。2005年6月、テレビで初めてメタボリックシンドロームを取り上げ、警鐘を鳴らす。「おもいッきりテレビ」「寿命をのばすワザ百科」「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)、「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京系)、TBS「ゲンキの時間」などに出演。

岩﨑 啓子先生

岩﨑 啓子 先生

管理栄養士

料理研究家、管理栄養士。
料理研究家のアシスタント、保健所での栄養指導などを経て独立。
栄養バランスを考えた手軽で美味しい料理を提案。「冷凍保存節約レシピ」(日本文芸社)、「大人のおひとり分。」(主婦の友社)など著書多数。

活動協力・後援 協賛企業 活動協力・後援 協賛企業
PAGE TOP